2016欧州自転車旅行2

4月29日、この日はスイス東部のヴァレン湖畔の小さな町からボーデン湖に浮かぶリンダウ島まで、結局100km超えのロングランになりました。スイスをスタートし途中、ライン河沿いをリヒテンシュタイン、オーストリアを経てドイツと1日で4カ国を走り抜けるという、お得感のある走行でした。

ライン河の流れに沿ってアルプスの山並みを眺めながらの時速18kmの走行は快適です。
リヒテンシュタインの首都ファドゥーツでは、イギリスから来たという若者3人組が話しかけてきて、フランスから3日で来たと。1日200km走ると言い、明後日にはフランスに戻るというすざまじいスケジュールです。若者のバイタリティにはただただ目を見張るばかりです。

途中、スイス、リヒテンシュタイン、オーストリア三国の国境地点を通過。ここには目立たない国境線を示す標識が一つあるだけです。日本ですと市町村境の目印がポツンとあるといった印象です。友好関係にある国の国境なんてこんなもんなんですね。改めて友好的な外交関係の重要さを知りました。

アルプスの山を抜けて平地部に出ると、強い向い風がまともに吹き付け、抵抗となって思うように進まず、体力が相当消耗しました。

宿に着いたのは午後5時半過ぎでした。ボーデン湖の白身の魚のムニエルと白アスパラそしてヴァイスビアー、どっと疲れが溢れてきました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント