2019スイス自転車旅行(9/23) ツーク からヴェギス

9月23日(月) ツーク→ ヴェッギス 雨のち晴れ
この日はツーク湖(Zugsee)を周回し、小さな峠を越えて「四つの森の国の湖」(Vierwaldstättersee)に移り、リギ山(Berg Rigi)の麓のヴェッギス(Weggis)までを走りました。ツーク湖東岸を、湖南端の町アルト(Arth)までRoute55を南下し、西岸に移りRoute77でイメンゼー(Immensee)まで北上し、ここから小さな峠越えの後、Vierwaldstätterseeの北端の町、キュッスナハト(Küssnacht)に抜け、湖北岸をRoute38でヴェッギスに向かいます。ルートと高度プロファイルの詳細は、以下のURLからどうぞ。

●Route51:ZugからArthまでを走る。
https://map.schweizmobil.ch/?lang=en&land=veloland&etappe=51.02&layers=Veloland&photos=yes&bgLayer=pk&logo=yes&season=summer&resolution=50&E=2686261&N=1216551
●Route51:高度プロファイル
https://images0.schweizmobil.ch/files/VL_051_02_HP.pdf
●Route77:ArthからImmeseeまで走る。
https://map.schweizmobil.ch/?lang=en&land=veloland&etappe=77.01&layers=Veloland&photos=yes&bgLayer=pk&logo=yes&season=summer&resolution=50&E=2682624&N=1213568
●Route77:高度プロファイル
https://images0.schweizmobil.ch/files/vl_77.01.pdf
●Route38:KüssnachtからWeggisまで走る。
https://map.schweizmobil.ch/?lang=en&land=veloland&etappe=38.03&layers=Veloland&photos=yes&bgLayer=pk&logo=yes&season=summer&resolution=50&E=2677438&N=1210046
●Route38:高度プロファイル
https://images0.schweizmobil.ch/files/VL_038_03_HP.pdf

朝食のためリビングルームに出ると、すでに他の泊り客が大きなテーブルで思い思いに朝食をとっています。レセプションのカウンターで、オーナーのアンディさんにご挨拶。私たち夫婦をにこやかに迎えてくれました。昨日、無人の宿に到着して、自転車の置き場やその他分からないことが結構あり、メールでいろいろとやり取りをしていたので、初対面とはいえスムーズに会話も弾みました。奥さんともども40代とお見受けした元気のよいご夫婦でした。フランクフルトからビジネスで来たという女性と隣り合わせになり、5年前にマイン川からアルトミュール川に沿って自転車の旅をしたことなどを話しながらの朝食となりました。

前日の晩から降り始めた雨が本降りとなり、一応、雨具と靴カバーを持ってきてはいるものの、遠くで稲妻が光り、この雨の中をとても出発する気にはなれません。日本で入手したお天気アプリでは、午後から晴れるとなっていますが、いつ頃かははっきりと分かりません。小降りになるのを待ってから出発しようとアンディーさんに相談したところ、昼には雨は上がるだろうから、それまでコーヒーでも飲みながらリビングでゆっくりしていたらいいよ、と快く了解いただきました。

アンディーさんの持っているお天気アプリが優れもので(Yahoo天気アプリのスイス版のようなものです)、スイス国内の詳しい天気が分かり、雨雲レーダーも精細です。確かにお昼過ぎにツーク上空を雨雲が東に抜けていくのが分かります。君もインストールするといいよと言われ、家内とともにスマホにインストールしました。それ以降の行動にも重宝しました。"LANDI Wetter"という無料アプリです。スイス旅行の時にはとても役立ちます。

宿泊客が私たちだけになると、アンディーさんのお父さんもやってきて、各部屋の掃除や寝具の交換が始まり、皆さん忙しく働き出しました。私たちはリビングのソファでコーヒーを片手に寛ぎながら、旅の疲れを癒すことができました。学会の準備とかで深夜まで忙しくする娘にLINE電話で2時間ほどの長電話をするなど、寛ぎながら旅の疲れを癒すことができました。アンディさんたちは11時前に仕事が済んだから自分たちは帰るので、雨が止むまでゆっくりしていきなさいと、なんと私たちを残し、さっさと帰って行くではないですか。アンディーさんの大らかさに驚くとともに、BnBってこんな面白い体験もできるのだと、思わぬ旅のハプニングでした。

12時を回ったところで予報通り雨は止み、出発です。まだ灰色の雲に厚く覆われていて、風は冷たく、おまけに向かい風とあってコンディションはあまりよくありません。ツーク市街からRoute51に入ると、ツーク湖を右手に眺めながらの走行となりますが、このルートは湖畔の狭い平地を走っているので道幅が狭く、自転車走行ゾーンが突然無くなることがしばしばあります。まるで、日本の国道を走っているような感じでした。

●ツーク湖東岸からの湖の風景(Route51)
https://youtu.be/Bs-Nalr5Awk

キュッスナハト(Küssnacht)には午後2時半過ぎに到着する。リギ山を見上げるVierwaldstätter湖北端の、山と湖とが調和した緑豊かな静かな町でした。湖の畔で小休止した後、自転車道路はRoute38に移ります。Route51と同様に、大部分が自動車と並走する幹線道路で、自転車ゾーンがほとんどありません。車の流れは少なく、ストレスはあまり感じませんでしたが、アップダウンの多い道でした。宿泊予定のヴェッギス(Weggis)の町までは10km足らず。途中、Coopに立ち寄り、ワインとつまみのサラミ、ブドウを調達し宿に向かいました。この日宿泊したBnB“Högerli“(Högerli, Weggis - Bed and Breakfast Switzerland)は、湖畔から一気に標高差100の山の中腹にあり、急坂を息も絶え絶えに上り、午後4時半過ぎに到着する。湖を見下ろす絶景の宿でした。

走行中の風景を動画でどうぞ。
●ImmenseeからKüssnachtへ向かう道中
https://youtu.be/0OuAh7ghlWE
●リギ山山麓Route38をWeggisへ向かう
https://youtu.be/MxsfgHAFjbs

●リギ山の麓、Weggisの町の農場で。
https://youtu.be/o1Br_FOuqmw

●この日宿泊したBnB近くからVierwaldstätter湖(4つの森の国の湖)を望む。
https://youtu.be/SrHzUy8ritY

この宿は、奥さんが切り盛りをしていて、小柄な身体でとてもエネルギッシュな方です。山の上の閑静な住宅街にある宿なので、近くにレストランはなく、奥さんの手料理の肉と魚のディッシュはとても美味。私たちの他にはイギリスから来たという若いカップルが一組。暮れゆく山と湖を見下ろしながらのディナーは最高でした。
IMG_0237.JPGツーク湖東岸を走るRoute51から湖を望む。
IMG_0240.JPGアルト(Arth)の町の教会。Pfarrkirche St. Georg und Zeno
IMG_0243.JPGツーク湖西岸を走るRoute77で一息入れる。
IMG_0246.JPGVierwaldstätter湖北端の町、キュッスナハト(Küssnacht)の船着場にて。
IMG_0247.JPG湖を振り返るとリギ山が。標高1800m足らずの山ですが、湖畔との標高差は1300m以上もあり、迫ってくるような迫力です。
IMG_0250.JPGヴェッギス(Weggis)の手前の牧場で。放牧された牛たちが、ちょうど牛舎に戻る時で、カウベルの音が鳴り響いていました。
IMG_0255.JPG部屋のテラスからVierwaldstätter湖を望む。
(続く)
9月24日(火) ヴェッギスからルツェルンへ
https://dolphin-kick55.at.webry.info/201912/article_1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント