2019スイス自転車旅行(9/28) トゥーンからベルンへ

9月28日(土)トゥーンからベルンへ 晴れ

ユングフラウ観光を終え、スイス自転車旅行もいよいよ終盤です。この日は、美しい湖の辺りにある可愛らしい町、トゥーン(Thun)を観光した後、自転車道Route 8を北西に走り、スイスの首都ベルン(Bern)に向かいました。

Route 8は、一桁の数字が示すスイス自転車道の一級国道ですが、この区間は舗装されていない悪路と、道標が少ない点で、走行に苦労しました。幸い、途中分岐点でどちらに進むべきかと迷っているときに、ベルン在住という女性ライダーが、私たちに声をかけてくれ、道案内役をしてくれました。

しかし、ベルンまで後、7、8kmという農道で家内が重大アクシデントに遭遇。農家から勢いよく飛び出してきた茶色の大型犬と衝突したのです。家内は転倒、投げ出され、足の甲を捻挫してしまい、なんとかベルンまではたどり着くことができました。その犬は、毛並みや色からどうやらレオンベルガーだったのようです。


ルートと高度プロファイルは以下のURLからどうぞ。ほぼ平坦な道です。
●Route 8
https://map.schweizmobil.ch/?lang=en&land=veloland&etappe=8.03&layers=VelolandEtappenNational&photos=yes&bgLayer=pk&logo=yes&season=summer&resolution=50&E=2608570&N=1190686
●高度プロファイル
https://images0.schweizmobil.ch/files/vl_8.03.pdf

IMG_0602.JPGトゥーン湖畔からベルナールアルプス方面を望む。遠く雪を被ったユングフラウ3山を望むことができましたが、逆光が強くうまく写真に収まらず残念。とても静か湖でした。
IMG_0603.JPGトゥーン湖畔に建つシャダウ城(Schloß Schadau)。ピンクを基調とする建物と前面の庭園が、まるで御伽の国に優雅に建つお城のようでした。現在は、ホテル・レストランになっていています。高級ホテル?の様相でした。対岸のベルナールアルプスの山々がとても綺麗でした。
IMG_0605.JPG次に向かったのは、街の中心部にあるトゥーン城(Schloß Thun)。小高い丘の上に建つこの城は、12世紀に建てられたそうです。4つの塔を持ち、最上部へ上がるまでが博物館になっていて、トゥーンの歴史を知ることができます。一部が牢屋だった時期もあったとかで、囚人を繋ぐ鉄の鎖からなる器具なども展示されていました。
IMG_0618.JPG最上部の円塔は展望台になっていて、四つの塔からトゥーンの街全体を見渡すことができます。動画でもどうぞ。
●トゥーン城からの市街風景
https://youtu.be/OqufY_6fGog
トゥーン上の塔の上に立つとこの町が手に取るように一望できます。

IMG_0627.JPG展望台から下に目を向けると、日本では珍しい、というか唯一、私たちの街あるロータリー交差点が目に入りました。車、自転車、人の流れは極めてスムーズでした。その様子を動画でご覧ください。
●トゥーン城の塔の上から見下ろしたロータリー交差点の様子(1)
https://youtu.be/uTX7sTapuKk
トゥーン城の塔の上から付近を見下ろすと、トゥーン市内にはいたるところにロータリー交差点があるのが分かります。交通量のそれほど多くない街には、信号機を使うよりもロータリー交差点の方が、車や人が自然の流れの中でスムーズに移動できるような印象を持ちました。
日本では唯一、私の住む神戸ポートアイランドに試験的に導入されましたが、現地に行ってみるとほとんど車の行き交う風景を見ることができません。付近にビルや民家など建物がないところですので当たり前といえばそうですが。

●トゥーン城の塔の上から見下ろしたロータリー交差点の様子(2)
https://youtu.be/IUrF8iWCTOk
この交差点では、左上に右折専用レーンもある、ちょっと複雑なロータリー交差点ですが、車の流れはとてもスムーズです。2両編成の路線バスも流れに沿って進んでいきます。利用する人達が、それぞれロータリー交差点の交通ルールを守り、速度を落として交差点に進入すれば、事故も起こらず信号の待ち時間にイライラもせずに通過できるのだろうと思います。

トゥーンからベルンまでの約35kmの走行中のシーンを約3分の動画にまとめてみました。
●トゥーンからベルンへの走行風景
https://youtu.be/gnOoYBNKD1g
自転車道路はRoute 8。自転車道路の1級国道の割には土道や砂利の混じった道があり、また、ルート表示の標識も少なく苦労しました。途中、トゥーンから買い物帰りのベルン在住の女性に追いつかれ、私たちが迷っているを知り道案内をしてくれました。前を走るピンクのウェアの女性です。なんでも、トレーニングを兼ねてベルン-トゥーン間を買い物ついでに往復しているそうです。時々、私の声が聞こえますが、これは、走行中の家内とインカムで会話するこえです。走行中の状況をお互いに連絡し合うことができ、また、走路の判断等の確認を自転車を止めることなくできるので、非常に便利です。この後、しばらくして家内と大型犬との衝突事故が発生しました。
(続く)
9月29日(日)ベルンからチューリッヒへ
https://dolphin-kick55.at.webry.info/202001/article_5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント