2019スイス自転車旅行(9/29) ベルンからチューリッヒへ

9月29日(日ベルンからチューリッヒへ 晴れ
昨日、家内がベルン近郊の自転車道で大型犬と衝突、突然に事故で足を痛めてしまい、この日はベルンの旧市街をゆっくりとポタリング観光することにしました。幸い痛みは耐えられないほどではないと。ゆっくり歩くことはでき、自転車にも乗ることができました。そこで、観光ポイントを絞り、午後早いうち最終の宿泊地、 チューリッヒに向かうことにしました。

IMG_0640.JPG旧市街の中心部を東西に横切るメインストリートに建つ時計塔。1218年から時を刻んでいるとのことなので、日本では鎌倉時代の初期、800年の歴史がある刻む時計塔ということになります。
IMG_0645.JPG時計塔からクラム通り(Kramgasse)を東へ200mくらい進むと右手にアイシュタインがチューリッヒ工科大学を卒業後、スイスの特許局に勤務していた頃、最初の奥さんと暮らした住居があります。石造りの建物の一角にあり、狭い螺旋階段を上がったところに幾つかの部屋があり、展示物、写真が並べられています。ここでの日常生活の中で、特殊相対性理論をはじめとする現代物理学の基本原理を生み出していたのだと。
IMG_0650.JPGアインシュタインの少年時代の写真。アインシュタインは、ドナウ河の河畔の町ウルムに生まれ、少年時代はミュンヘンで育ったそうなので、この写真は恐らくミュンヘン時代のものと思われます。
IMG_0651.JPGアインシュタインはこの住居で最初の奥さん、ミレーバさんと新婚生活を送ったそうです。家系図を見ると、奥さんの方が4歳年上だったようです。
IMG_0652.JPG第一子、ハンスとの家族写真。家系図を見ると、この方の孫が私たちと同世代のようです。
IMG_0653.JPGダイニングルームの様子。
IMG_0655.JPGアインシュタイン家の家系図です。私たちの世代が、アインシュタインの曾孫にあたり、直系の曽孫は男性が3人、女性が2人です。さらにこの家系図には、10人の玄孫がいるようです。一番新しい方が2001年生まれとなっています。最初の玄孫さんが1987年生まれなので、恐らく、2019年現在、玄孫の子(来孫:「らいそん」というそうです)、つまり、アインシュタインから数えると6代目の方が、地球のどこかで暮らしているのでしょうね。
IMG_0658.JPGベルン旧市街の中心に建つベルナー・ミュンスター。15世紀半ばに着工して19世期末に完成したそうで、完成までになんと400年以上を要しています。ヨーロッパの教会、特に大聖堂の建設期間の長さには驚かされます。塔の高さ約100mです。日曜日のミサの最中で、残念ながら内部の見学はできませんでした。
IMG_0663.JPG大聖堂広場から旧市街を蛇行するように流れるアーレ川を望む。動画でもどうぞ。スイスの首都の中心部を流れるアーレ川の深いエメラルド色の透明感が印象的でした。
https://youtu.be/RDcQXC8HO5I

IMG_0670.JPGベルン中央駅。11日間のスイス自転車旅行旅行を終え、いよいよ最終の宿泊地チューリッヒへ向かいます。
IMG_0676.JPG午後2時半過ぎの特急(IC:Inter City)に乗車、 チューリッヒへ向かう。ICはスイスの主要な都市間を結ぶ特急で、特急料金は不要です。ベルン初のこの列車は、がら空きでした。チューリッヒまでの約1時間半、車窓を流れる風景を眺めながら、今回の自転車旅行を日毎に振り返り、旅の余韻を楽しみました。
IMG_0678.JPG午後4時過ぎにチューリッヒ中央駅に到着。この日は、空港駅に近いエルリコン(Örlikon)駅近くのビジネスホテルに宿泊。翌日は午前4時半起きで、早朝のミュンヘン行きのフライトに搭乗し、帰国の途につきました。

●これまでの欧州自転車旅行の旅行記について
2014年に初めてドイツを自転車で走り、今回が5回目の自転車旅行となりました。ドイツ、オーストリア、スイスとドイツ語圏を中心に、それぞれの地方の風景や文化を肌に触れてきました。時速15〜20kmの世界というのは、列車や車の旅では味わうことのできない楽しみや体験を得ることができます。それぞれの旅行記もその都度まとめましたので、よろしければ、以下のURLからどうぞ。

①マイン・アルトミュール川自転車の旅(南ドイツ自転車旅行)
・期間:2014年5月9日〜5月17日
・概要:フランクフルトをきてんとし、マイン川、タウバー川、アルトミュール川の自転車専用道を走り、川沿いに広がる景観を楽しみ、ローテンブルクをはじめとする歴史的史跡を訪れました。
https://dolphin-kick55.at.webry.info/201405/article_1.html

②ヴェーザー川自転車の旅(ドイツ・メルヘン街道自転車の旅)
・期間:2015年4月24日〜5月9日
・概要:ドイツ北西部を流れ、北海に注ぐヴェーザー川に沿って、ドイツ・メルヘン街道を走り抜けた16日間の旅。グリム童話の舞台となった古城や街、例えばハーメルン、ブレーメンなどを巡りました。半月を超える滞在期間、全走行距離約630km、二週間を超える、初めての長期海外自転車旅行でした。
https://dolphin-kick55.at.webry.info/201505/article_2.html

③ライン河を辿る欧州5ヵ国の旅
・期間:2016年4月24日〜5月14日
・概要:ライン河に沿って欧州5ヵ国(スイス、リヒテンシュタイン、オーストリア、ドイツ、フランス)、全走行距離700km余りを走り抜けた自転車の旅です。スイス東部のヴァレン湖を起点にライン河上流(Hoch-Rhein)から走り始め、ボーデン湖、バーゼル、ストラスブールを抜け、ラインガウではライン下りとドイツワイン園でのドイツワイン試飲のフルコースを楽しみました。最終地点は、ドイツ中西部の古都の一つ、コブレンツ。
https://dolphin-kick55.at.webry.info/201606/article_1.html

④オーストリア、ウィーンとザルツカンマーグートを巡る自転車の旅
・期間:2017年8月2日〜8月19日
・概要:オーストリアの自然と歴史遺産を訪ねた全走行距離約600kmの自転車の旅。サウンドオブミュージックの舞台にも行きたいとの家内の希望もあり、さらに後半には娘も合流するという、盛り沢山の自転車旅行でした。ウィーンではモーツァルト、ベートーベンの足跡を訪ね、ザルツカンマーグートでは山と湖に囲まれた大自然を満喫しました。
https://dolphin-kick55.at.webry.info/201709/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント